宮城県仙台市・南部、福島県の外壁塗装・屋根塗装専門会社

  • 宮城県・福島県エリア7000棟超施工実績No.1
  • 無機塗料 東日本エリア施工実績第1位
0120-1020-17

営業時間 10:00~18:00 宮城県仙台市~福島県福島市

ご相談・お見積無料! お気軽にお問合せ下さい!

はじめにお読みください

安心できる外壁屋根塗装工事業者選び

プロが答える住宅塗装アドバイス(第4章)

外壁・屋根塗料の基礎知識

外壁・屋根の塗料は費用対効果を考えて選ぶこと。

工事金額は安いに越したことはないのですが、何も知らないで契約しては後悔してしまいます。 まずは塗料の樹脂の種類について、簡単にご説明しましょう。 樹脂により耐用年数が全く異なりますので、基礎知識として知っておいてください。

使う塗料の樹脂により耐用年数が大きく違ってきます。「それでは、耐用年数が20年もつ塗料の金額は10年もつ塗料の倍になるのでは?」と思われるかもしれません。工事金額とは・・・

(≪足場代+人件費+養生費≫+≪材料費≫)×諸経費

となります。
シリコンと無機塗料の違いは、材料費のみです。どんなことがあっても倍になることは絶対にありません。

たとえば、外壁塗装シリコン樹脂100万円の場合、無機塗料では約1.35倍の135万円くらいが相場になります。耐久性が長くて安心したいのか、10年おきに色を変えて楽しみたいかはご本人次第です。

「どの商品が将来にわたり費用を抑えることが出来るのでしょうか?」

ランニングコスト(日常維持管理にかかる費用)を考えた場合。
たとえば、築10年目で外壁塗装工事をし、各樹脂の塗替え目安の最低限で比較した場合です。

上記の表を見ると、これまでの視点が変わるのではないでしょうか。
最高品質で高額な「無機塗料」が費用対効果でみると、最も割安であることがわかります。目の前の安価な「シリコン樹脂」の方が、長期的には割高となり、費用対効果が低いわけです。
つまり、次のようなことがはっきりと言えます。

お客様サイドとすれば、当然ランニングコスト的には無機塗料がベストです。逆に業者サイドから見ると何度も塗ってくれるシリコン樹脂を強く勧めると思います。

長期的にランニングコスト的に考えれば、単純に130万円ほど無機塗料の方が安く済みます。そして、業者が安いシリコン樹脂を安易にすすめる裏の理由は、こういうところにあったのです。
それでも、将来設計があっての生活ですから、現状で無理をして高い商品を選んで後で苦しくなっては問題ですので、トータルに考慮されてバランスよく選択されることをおすすめします。

■将来設計として、クレジット払いも選択肢の一つ。

「もう少しお金がたまってから考えようかなぁ…」と、考える方もいらっしゃるかと思います。それも正当な答えですが、まずご自身で家をチェックした結果はいかがでしたでしょうか?もし「急いだ方がいいかな・・・」と感じた方は、シリコンでも構いませんので、すぐの工事をおすすめします。
将来的に下地から直すような工事をすると今の金額では済まなくなるリスクがどんどん上がります。「先延ばし」からは良い方向には向かないことを自覚し、真剣に向き合うことをおすすめします。

ワンポイントアドバイス

信用のある業者さんはリフォームローンを取り扱っています。
信販会社も信用のある業者さんのお客さんにしか貸付しません。また、金利手数料も銀行さんより安く出している所も多くあります。

ローンにアレルギーのある方もいらっしゃるかと思いますが、マンションの維持・管理費を支払っていると解釈を変え、1万から2万円で工事をしている方も最近多くなってきました。
マネーイベントは突然やって来るので、無理に現金で支払ってしまい、後で苦しい思いをされてはせっかくの工事が後悔に変わるかもしれません。
検討の材料として重きを置くことをおすすめします。

お電話の方はこちら

ご相談・お見積無料 フリーダイヤル0120-1020-17

ショールームご来店キャンペーン

外壁屋根塗装ショールーム