塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! 現場ブログ

マイペイント宮城のスタッフブログ 記事一覧

屋根鋼板は塗らなきゃいけないの?

山元町I様邸 屋根塗装工事 鋼板横葺き屋根こんにちは!名取市にあります、塗装ショールームのマイペイント佐藤です。年内に工事完了するために頑張ってます。ショールームへ来られるお客様からの質問です。「屋根鋼板は塗装しなければいけないのでしょうか?」13年過ぎて防水が切れてきており、一部痛みが出てきている状況でした。鋼板屋根はそのまま放置しておくとサビが発生します。もうすでに見た感じでもわかると思いますが、色がすっかりアセテしまい、防水効果が無くなってしまった感じです。築13年も経てば仕方がなことです。しっかり塗装をしていきましょう‼水洗いが完了すると藻やコケも剥がれてキレイな屋根になりました。今回、山元町の屋根は何度も塗装工事をしたくないので少しでも長持ちする「タテイルα」タテイルアルファシリコンやフッ素よりも長持ちする塗料で工事しました。無機塗料の「タテイルα」をサビ止めの後に塗装しこれからもお家をしっかり守ってくださいね。長持ちする塗料と塗装技術でこれからも安心して生活をしてくださいね!(^^)![caption id="attachment_56" align="alignnone" width="300"] DSC_2070[/caption][caption id="attachment_57" align="alignnone" width="300"] DSC_2069[/caption][caption id="attachment_59" align="alignnone" width="300"] DSC_068[/caption]屋根塗装工事完了です。ありがとうございました。   2018年12月20日 更新
スタッフブログ

塗装出来ないサビた屋根を低予算で防水する方法?!

こんにちは、マイペイント外壁アドバイザーの川上です。今日は、サビが屋根全体に広がり塗装できない状態の屋根を低予算で防水工事します。[caption id="attachment_103" align="alignnone" width="300"] 柴田郡サビた屋根[/caption]基本的にサビてしまった鉄はまたサビます。すぐではないですが同じところからサビてきます。今回のように屋根鋼板が全体的サビが発生している場合は塗装してもすぐに「剥がれ」「錆の発生」が出てきます。ですので、基本は現状の屋根の上に新しい屋根材を重ね貼りします。これがサビてしまった屋根を防水する方法ですが、、、「屋根重ね貼りは工事金額が高くなります。」サビた屋根を低予算で防水するためには「塗装」しか方法がありません。ではどんな塗装をすればいいのでしょうか?おすすめの塗料「バッファーコート」を使用しました。このバッファーコートの威力は驚きです。バッファーコートの効果を動画にしてみました。バッファーコート[caption id="attachment_117" align="alignnone" width="190"] バッファーコート[/caption] 特徴1. 超付着性シリコーン特有の付着性により下塗りなしで施工が可能特徴2. 超防水性サビ面への塗装も可能。電気絶縁の物質なので錆の発生を防ぐ。特徴3. 超防水-50度になっても伸び率350~400%のためどんな環境でも防水性を維持します。特徴4. 超撥水性驚くような撥水性があります。塗膜がある限り維持します。特徴5. 超耐候性約40年間暴露実験をしています。今現在も進行形です。40年たってもまだ塗膜がゴム状になっているため防水効果抜群です。[caption id="attachment_104" align="alignnone" width="300"] バッファーコート[/caption][caption id="attachment_105" align="alignnone" width="300"] バッファーコート[/caption] [caption id="attachment_106" align="alignnone" width="300"] バッファーコート[/caption]このような状態の屋根でも洗浄しサビ部分をケレンすると塗れる状態になります。サビた屋根に99.99%のシリコーン樹脂「バッファーコート」を二回塗装します。[caption id="attachment_107" align="alignnone" width="300"] バッファーコート[/caption][caption id="attachment_108" align="alignnone" width="300"] バッファーコート[/caption][caption id="attachment_109" align="alignnone" width="300"] バッファーコート[/caption]どうでしょう!この仕上がり!この状態で約40年は塗替えが要りません。サビがひどく塗装をあきらめていた方がいらっしゃいましたら是非ともマイペイントにご相談ください。99.9%シリコン素材の塗料の仕上げ2工程目を施工しています。12月の工事でも約30分で硬化が始まるため職人は塗料を無駄にできないため必死になおかつ丁寧に塗装作業を進めていきます。   2018年12月20日 更新
屋根・壁の豆知識

屋根塗装は下地が大切

こんにちは、マイペイント外壁アドバイザーの川上です。今、名取市で塗装工事をスタートしました。塗装工事は足場を組みましたら、初日に水洗いをします。水洗いが終わりましたら、後日下塗りがスタートします。[caption id="attachment_98" align="alignnone" width="300"] 名取市屋根洗浄[/caption]まず上から下に洗浄していきますので屋根洗浄から始めます。コケや藻、カビ等が密集しておりますので念入りに高圧洗浄していきます。屋根外壁塗装ではとくに屋根洗浄には時間をかけて行います。[caption id="attachment_99" align="alignnone" width="300"] 名取市屋根洗浄[/caption]洗浄が終わり、後日屋根が乾いたころを見計い一工程目のシーラーを塗っています。シーラーはシールの意味で中塗りと上塗りの接着剤の役割になるためコマメに塗っていきます。年数が経過し痛みが激しい場合はシーラーの重ね塗りになるため費用がかさみます。屋根、とくにコロニアル(スレート瓦)は10年を堺に塗装をお勧めします。[caption id="attachment_100" align="alignnone" width="300"] 名取市屋根高圧洗浄[/caption]ちなみに名取のS様邸の洗浄前の状態はこんな感じです。完全に防水が切れて植物が繁殖しています。ご自宅の屋根はあまりじっくり見たことないとは思いますが一階屋根があるお宅は北側でチェックできます。総二階のお宅は少し離れて見てみてください。茶色がかっていたら塗り頃ですよ!!2018 2018年12月5日 更新
スタッフブログ

破風板も塗ってきました。

こんにちは、マイペイント外壁アドバイザー川上です。今日は亘理町T様邸で、外壁の塗装が終わり付帯の破風を塗装しています。[caption id="attachment_94" align="alignnone" width="300"] 亘理町破風板塗装[/caption]細かい箇所は刷毛で塗ります。ぐるっと一階から二階まで破風が巻いていますので根気のいる作業も弊社の職人は黙々と手を休めることなく塗装します。 [caption id="attachment_95" align="alignnone" width="300"] 亘理町破風板塗装[/caption] 亘理町のT様邸、外壁塗装工事面積の大きな破風の箇所はチビローラーを使います。基本的に付帯の破風や雨樋などは2工程、つまり2回塗りを基本としています。しかし仕上がりが悪い場合は工程を追加し仕上がり重視です。もう少しで工事も完了です。本日はありがとうございました。  2018年12月4日 更新
スタッフブログ

45年目のサビてしまった鋼板屋根は塗装できるの?

柴田郡村田町:S様邸の屋根塗装と外壁塗装工事を行いました。こんにちは、マイペイント塗装工事専門店の川上です。[caption id="attachment_42" align="alignnone" width="300"] バッファーコート[/caption] 今回は築45年のお家で、以前屋根を一度塗装したことのあるお家の工事をいたしました。塗膜は殆ど残っておらず、屋根鋼板へのサビが前面に広がっていました。普通ここまでサビがある場合は新たに屋根を被せる選択がベストです。しかし、新たな屋根を被せればそれだけ工事価格も高くなってしまいます。そこで、今回ご提案した工事は「バッファーコート」という塗料でサビがあっても防水効果をしっかり保つことのできる不思議な塗料です。本日は、足場完了後に屋根と外壁の高圧洗浄です。サビてしまった屋根にも塗れる塗料は後日お見せしたいと思います。[caption id="attachment_43" align="alignnone" width="300"] バッファーコート[/caption] 2018年12月1日 更新
スタッフブログ屋根・壁の豆知識

外壁モルタルの下地材は

こんにちは、マイペイント外壁アドバイザーの川上です。今日は、亘理郡亘理町のT様邸で外壁の塗装工事でした。外壁材はモルタルですので、下地には「フィラー」を塗ります。これが1工程目となります。[caption id="attachment_90" align="alignnone" width="300"] 亘理町フィラー[/caption]フィラーの特徴はドロドロとしたゲル状の下地材を塗ります。このドロドロが外壁の小さなクラック(割れ部)に入り、割れを目立たなくさせてくれます。また、次に塗る塗料の接着剤にもなります。 [caption id="attachment_91" align="alignnone" width="300"] 亘理町軒天[/caption] 外壁の2工程目は終わりお客様の選んだ色に近い外壁になりました。3工程目はまだ進んでおりません。その前に軒の塗装に取りかかりました。軒の素材がベニヤですので上塗り材を吸い込んでしまうためケンエースという軒天用の下地を塗ってから仕上げ塗料を塗ります。美しく仕上がります。   2018年12月1日 更新
スタッフブログ

軒先の天井が落ちてきそうでした。

こんにちは、マイペイント外壁アドバイザーの川上です。今日は、柴田郡村田町で屋根と外壁の塗装工事と共に「軒先天井の貼替」のしてきました。[caption id="attachment_85" align="alignnone" width="300"] 軒先天井[/caption]痛みが軒天まで来ていたため、腐っていた軒天を交換するのに大工工事に入りました。私ども塗装専門店ですがせっかく足場を組みますので塗装だけの工事に収まらずそれに付随する工事も請け負っております。こちらのお宅様は、漆喰や雨樋も全交換します。塗装以外の工事も気楽にご相談ください。 [caption id="attachment_86" align="alignnone" width="300"] 軒先天井[/caption] 村田町のS様邸、屋根外壁塗装工事軒天新品取り付け中。全部で6枚交換しました。年数が経つといろんな箇所が痛んできます。屋根外壁塗装も防水と保護が目的の工事です。10年を過ぎると防水効果は無くなってきます。早めの対処をお勧めします。 ちなみに、塗装工事と一緒に施工する最も多い工事はNO1 雨樋交換工事NO2 破風板・帯板板金蒔き工事NO3 外壁一部貼替NO4 アンテナ交換工事NO5 軒天貼替工事となっています。もし気になる個所がありましたら一緒に工事をしましょ。  2018年11月28日 更新
スタッフブログ

高圧洗浄でお家をキレイにしましょう!

亘理郡 外壁塗装の前に下地処理!高圧洗浄‼[caption id="attachment_26" align="alignnone" width="300"] 亘理郡外壁塗装 (2)[/caption]本日は朝からお家の高圧洗浄です。この工程で汚れ(カビ、藻等)を完全に落としておきます。洗浄は外壁だけではなく軒や雨樋、サッシ周りまでしっかり行います!!この行程で手を抜くと剥がれの原因等不具合が起こります。[caption id="attachment_27" align="alignnone" width="300"] 亘理郡外壁塗装 (1)[/caption]亘理のT様邸外壁塗装工事足場が完全に建ちました!!ただいま中では職人が高圧洗浄中です。メッシュシートをしっかり張って飛散防止はしておりますが駐車場のお車には汚れ防止のカーシートで対応しています。周囲への気配りも大切にしています!!どんな工事も段取り八部。段取り良くしっかりキレイに洗浄します。洗浄を適当にすると後が大変。ゆっくり丁寧に洗浄しました。   2018年11月27日 更新
スタッフブログ

足場の組み立て途中です。

亘理郡のT様邸外壁塗装本日快晴の中足場組みを行いました。途中写真ですが完成写真は後日公表します。まず外壁塗装に必要なのは足場です。安全に作業を進めるために必ず必要になります。カンカン音が響きますが弊社がご近所挨拶までしっかり行います!!ちなみに、外壁塗装の為の足場組立。。。[caption id="attachment_22" align="alignnone" width="300"] 亘理郡外壁塗装 (1)[/caption]途中の写真しか載せないって、、、変ですが間違いなく載せますのでよろしくです!(^^)!  2018年11月25日 更新
スタッフブログ